子供達が新型コロナウイルス肺炎感染症になりました。Vol.1

コロナ コロナと戦う

妹家族や私の母も5月に感染した【新型コロナウイルス肺炎感染症】。

私は長野県に住んでおり、人口約206万人いる中で、2022年7月現在では約9万人しか罹患していないという確率から、うちはまだまだかからないだろうと思っていた矢先でした。

7月18日、高校一年生の長男と、小学校3年生の次男が新型コロナウイルス肺炎感染症に感染していることがわかりました。

いろんな疑問点や今の保健所・病院の対応などを備忘録で記していきます。

始まりは長男の電話から

私は仕事に出掛けている時、昼休憩には必ず長男に自宅の様子を聞くのが日課でした。
その時長男から話してきたことが、

「鼻水とくしゃみがやばい」

アレルギー性鼻炎もあるので、あーいつものアレルギーかな?と思った私は、とりあえずアレルギー薬を飲むように伝えました。

その後、小学校の連絡アプリから、次男の学年が新型コロナウイルス感染症の陽性者が複数人検出されたことから学年閉鎖になったことを受け、若干嫌な予感がしました。

一旦家に戻った時は、長男も次男も平熱

仕事が終わって帰宅し、長男と次男の熱を測りました。
学年閉鎖ということもあったし、長男は体調を崩しているようだったので、念のために検温したところ、二人とも平熱。

ちょっと胸を撫で下ろしてから、主人と私は買い物に出かけました。

出かけていたたった2時間で高熱を発症

買い物から戻ってすぐ、次男が出迎えてくれたのですが、明らかに顔色がおかしい。
目がとろんとしていて、元気ではあるものの覇気がない。

おかしいと思い、検温をしたところ、38.6度の高熱を発していました。

すぐさま家族全員にマスク着用を呼びかけ、部屋は隔離。
長男も風邪症状が出ているため、保健所に連絡しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Apple Gift Card
価格:50000円(税込、送料無料) (2022/7/23時点)


保健所と病院の対応:初回

とりあえず保健所に連絡しないといけないという予備知識はあったので、保健所に連絡をしましたが、ファーストコンタクトは状況だけを確認する人が内容だけ聞き取ってその後病院はどこにかかれば良いのかという返答を折り返しの電話で返してくれるというもの。

返答の電話をもらうまでは約30分程度かかり、翌日近くの総合病院か提示された個人開業医を受診するように言われました。

個人開業医は断られ、総合病院で受け入れてもらった

まず紹介された個人医院に電話連絡をしました。

すると、
「当院は唾液検査なので、お子様は検査できません。他を当たってください。」
すぐさま断られました。

そこで、次に紹介された総合病院に電話すると、個人調査をされ、薬の希望なども聞かれました。
本当にこの総合病院の皆様には感謝しかありません。その理由は後述しますが、とにかく対応が早く、いろいろ御検討いただきました。

その後すぐに呼ばれてドライブスルー形式でPCR検査を行い、自宅で待っているように言われたので、一旦自宅に帰宅しました。

結果は【陽性】

1時間くらいして電話が鳴り、まずは内科医から電話が来ました。
医者からの電話ということもあり、ある程度覚悟しました。

長男は【陽性】。
まさかうちの子供が…とショックを受けましたが、長男は鼻水の症状が辛そうだったため、薬を処方してもらいました。

その後すぐに小児科医から電話連絡。

次男【陽性】。

あー、まあそうだろうなと思っていたので驚きもしませんでしたが、まさか一気に二人もコロナになったというショックや心臓病を既往症に持つ娘はコロナが学校で流行り出してから自主予防で学校に行っていなかったのにこんな身近でコロナが出てしまったため、娘のことが一気に不安になりました。

主人も私も濃厚接触者で、私たちも基礎疾患があるため重症化リスクもある。
基礎疾患のこともあってワクチン接種もしていなかったため、かなり焦りました。
その夜から主人は無症状であったことから移らないようにしたいということで実家に帰りました。

ここからは私一人の戦いになりました。

検査後、保健所からの連絡→これがほんとにきつかった

病院から報告があった後、保健所からの行動観察聴取の連絡がありました。
うちの子供がどっかに会食に行ったとかそういったことはないか、発症から3日前を遡るので、15日金曜日からと言われ、すぐさま返答しました。

「学校しか行ってません。」

次男の小学校ではコロナは全く流行っていなかったので、普通に学校に行かせていました。
しかし、ちょうど15日に次男の隣のクラスが学級閉鎖になったと連絡が入ったので、嫌な予感はしていました。
来週からちょっとおさまるまでお休みしてようか、長女の持病のこともあるからと次男と話していた矢先、すっかりもらってきてました。

学校以外、外出もしていないし、外食にも行っていないので、明らかに感染経路は【学校】です。

長男に至っては、次男よりも遅れて症状が出ているし、長男の高校では全くコロナ感染者がいないので、次男から感染したと考えるのが妥当という結論になりました。

正直、コロナになって持病のある長女を守りたかった私にとってかなりショックであり、この数十分にものぼる聴取が一番きつかったです。
その後、緊急連絡先などを聞き、ようやく電話が終わった頃には本当に疲れました。

コロナ発覚から1日目。次男回復。しかし長男は…

検査結果を終えた翌日、次男は高熱にうなされましたが、座薬などを使って楽にしてあげては飲み物をあげて様子を見ていました。

長男はかなり元気で、「俺ほんとにコロナなの?」なんて飛び回っていました。

ご飯は沢山食べるし、とにかく元気でこのまま終わるのかしら…と思っていたところ、長男が一気に急変しました。

頭痛と体の痛み、咳が突如始まった

夕方ごろ、トイレに降りてきた長男。
明らかにふらついていて元気がない。
どうしたの?と聞くと、

「身体中が痛ぇ…、頭も喉も咳もでる。苦しい。」
と言い出したため、いよいよきたか…と用意してあった常備薬を飲ませました。

その後、すっかり熱の下がった次男。
「ママー、お腹すいたよー!!」と元気に野菜スープを食べにきました。

看病者:母 頭痛と腰の痛みが始まる

長男が頭が痛いと言い出す前から私も頭が痛くなっていました。
頭痛薬を飲んでも改善されないし、暇なので昼寝をかましても改善しない。

腰まで痛くなってきたけれど熱はありませんでした。
これはやばいな…かかったかもと思い、翌日相談しようと休みことにしました。


コロナ発覚から2日目

長男は一気に発熱を始め、38度6分をマーク。
長男の呼吸がかなり苦しそうだったため、どうしようか…と悩みましたが、対する私は頭痛が少し和らぎ、楽ではありましたが、体は痛かったため念のため検査を受けさせてほしいということを保健所に伝えたところ、先日とは違う医療機関を2カ所紹介されました。

「え?なんでうちの近くの総合病院じゃないんですか?うちの子供たちも見ていただいたんですが、長男の症状が悪化しているので、薬も出していただきたいんです。」と伝えたのですが、

「お母さんの方は緊急性も感じられませんし、今お話しした医療機関で十分だと思いますが?」

と言われ、わかりました…。と電話を切りました。

紹介された医療機関に電話をしてみると…

両方ともNG!!
お昼まであと1時間以上あるのに午後忙しいから、午後先生が行くところがあるからと両方に断られる始末。

私が朝イチで連絡したのにも関わらず、保健所も返答が来るまで時間がかかり、お昼近くの時間になっていたので、断られるだろうなと思ったら案の定でした。

頭痛も落ち着いてきたから、しょうがない、もう検査なんかしないで耐えようとそこで決意しました。

コロナ発症から3日目

ようやく保健所からパルスオキシメーターが届き、長男の酸素濃度を測定しました。
なんと94%…。
ギリギリです。私も頭痛が一向に良くならず、夜中から下痢が始まったため検査してもらいたいことも踏まえてもう一度保健所に連絡しました。

するとまた別の医療機関を紹介されました。
長男は?と聞くと、そこで聞いてみてくださいと言われ、別の医療機関に連絡したところ、

再度NG!!!

もう我慢できず、最初にお世話になった総合病院に連絡しました。

総合病院の【神対応】

総合病院でも、保健所には連絡しましたか?と言われましたが、保健所に連絡はしていますが、

  • 他の開業医さんでみてもらえない事
  • 私一人で子供を看病しているので遠くまでの医療機関には行けないこと
  • かかりつけと言っても最近越してきたばかりでないということ
  • 長男が悪化しているから追加の薬が欲しいということ

これを伝えたところ、看護婦さんは優しく「検査と追加のお薬出しましょう。」と言ってくれました。
本当に泣いてしまいました。
一人で看病する心細さ、看護婦さんの優しさで大人のくせに大泣きでした。

すぐさま長男の病状を聞いてくれたり、それにあった薬を用意してくれました。
もちろん私の検査もしてくださいました。

薬をもらった後、私は自宅で自分の検査結果を待ちました。

母のコロナ結果は…

あー頭が痛い。
体も痛い。

流石にもうダメか…あー休み増えちゃうな…

なんて考えながら、家の片付けと消毒をずっとしていました。
娘だけが無事なんてもっと感染確率が上がってしまう…そう悩んでいたなか、携帯が鳴りました。

「検査の結果ですが、陰性でした」

えええええええええええええええええええええ〜〜〜ーーー????!?
やだ、なんか総合病院の皆様忙しいのにほんとすみませんくらいの…

「ただ、本当に陰性かどうかはわかりません。ウイルスがつかなかっただけの可能性もあるので、発熱したらまたきてくださいね。まずは保健所に電話してから当院にご相談ください。」

とまたしても神対応。

私具合悪くなったらどんなに待ってもいいから、この総合病院に行こうかと思います。

おかげさまで長男は回復

追加で出していただいたお薬を飲み出してから、長男は夜回復を見せました。

頭痛や体の痛さ、吐き気から解放されて、少しご飯が食べられました。

総合病院ってたくさんの患者さんを抱えていますし、忙しいはずです。
それなのに、コロナの件数も増えている中、患者の立場に立って対応してくれた医師様と看護師様には頭が上がりません。

本当に感謝です。
うちの子供を救ってくださり、ありがとうございましたと伝えたいです。

Vol.1のまとめ

発症してから既に5日目を迎えているんですが、今現状長野県は1,500人の新型コロナウイルス感染者がいて、その分検査数も増えているとはいえ、ここまで対応ができないのはいかがなものかと思います。

保健所の方々や健康観察にあたっているスタッフの方々もとても大変だと思いますし、イラッとしたり色んな要望を叶えてやる手続きすらも大変だと思います。

ただ、やはり悪いのは新型コロナウイルスというウイルスで、感染した人ではないわけですよね。
まして遊びに行ったり飲みに行ってもらってきたウイルスでもなく、学校という集団生活でもらってきたコロナです。

こちらも病院に行きたくても、紹介された病院は全て断られますし、PCR検査をやっている病院を探すというのも大変でした。
さらにいうと、病院によっては検査の方法が違うので子供だと診てもらえない開業医もあります。
それでも普通に紹介されます。
保健所という場所に連絡をワンクッション置いて、紹介された医療機関にも自分から電話しなけれなばらないし、全部断られたらまた再度連絡しなきゃいけないというこのシステム。

おそらくこれこそ時間の無駄です。

余計手間を増やしているので、一発で検索できるようにしたり、医療機関に直接相談できる仕組みに変えた方が手間が省けると思います。
軽症であっても自分の体調に不安があるのに、もう1日様子見てからにしてくださいっていうのは精神的苦痛を翌日まで持ち越せと言ってるのと同じではないでしょうか。

自分がその立場になったらどうして欲しいか、考えて欲しいなと思った3日間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました